氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

ウェディングレポート

2015年9月19日 (土) [ウェディングレポート]

縁結びの神社で、「赤い糸」と「和」をテーマに豪華な祝宴

前へ 次へ


I.Fさん(34) S.Fさん(34)


【結婚式日時】 2012年9月9日 13:00

【挙式会場名】川越氷川神社、【披露宴会場名】 鳳凰

【挙式スタイル】 神前式、【列席者】家族・親族 48 名/友人・知人 0 名

【披露宴スタイル】着席、【披露宴人数】家族・親族 56 名/友人・知人 74 名

【総費用】521万円(ご祝儀制)
挙式、料理、飲物、新婦衣裳、新郎衣裳、美容着付、ケーキ、会場装花、席札/メニュー表、当日のスナップショット、当日のビデオ・DVD撮影、引菓子、司会、手作りグッズ含む

 

 

会場を決めた理由は?

挙式後もずっと通える地元で愛されている神社。
神主さんやスタッフの温かさが心に染みて、決意を固めた


新婦は数年前に友人と縁結び祈願に訪れたことがあり、地元で親しまれているこの神社とご縁を感じていたとか。「決して急かさず私達の立場にたって話をしてくれるスタッフや優しい神主さんの言葉に、氷川さんでしたいと思いました」。130名がゆったりと過ごせる会場の広さにも、ゲスト思いのふたりは安心感をおぼえた。


挙式の内容・感想は?

日本の伝統とオリジナリティが融合した数々の儀式に感動。
両親への感謝や幸せが胸いっぱいに広がった


ハレの日の美しい姿を一番最初に両親に披露。母から「とても綺麗よ」の言葉にお嫁入りを実感。花嫁支度の仕上げに母から挿してもらった「嫁ぎの紅」では、感謝の気持ちがあふれたそう。「参進の儀では友人達や参拝の方から拍手とおめでとうの声をいただき、とても嬉しかったです」。ここならではの結い紐の儀も心に残った。


披露宴・パーティの内容・感想は?

提灯と長持ちの入場から始まった祝宴。
テーマに沿った和テイストの中で美味しい和食を楽しんでもらった


落ち着いた雰囲気の会場では、テーマに沿った祝宴が繰り広げられた。おもてなしは極上の和食。江戸切り子が使われるなど食器にもこだわりが見られ、旬の食材をふんだんに使った料理は、ゲストも大絶賛。「丸ごと一尾桜塩で包み焼き上げた鯛を『おめでたい』のかけ声に合わせて開き、皆さんにも食べていただきました」。



演出の内容・感想は?

優雅な印象はそのままに、ウエディングドレス姿で雰囲気を一転。
真剣勝負のブーケプルズにも笑顔が溢れた


ウエディングドレス&タキシードで、ゲストの前で指輪の交換をし結婚を報告。「みなさんに承認していただき、幸せでした」。ブーケプルズでは、女性ゲストの熱気からかリボンがもつれるというハプニングに、笑いがおこった。また、ゲストテーブルにインスタントカメラを置き、自由に撮影してもらったのもいい思い出に。


スタッフの対応・感想は?

同年代のプランナーは親身で、的確なアドバイスで支えてくれた。
最初の好印象は最後までそのままだった


見学の時に「一生に一度のことだから、よく考えて」と優しい言葉をかけてくれたスタッフ。その温かさや真摯な姿勢はずっと変わらず、ふたりの要望にも常に前向きに提案してくれたという。「話しやすく、ヘアメイクや手作りの相談にまでのってもらいました」。土日でも打合せができたのが、とても助かったそう。


これから花嫁になる人へアドバイス

結婚式のテーマと手作りするもの、
会場にお願いするものを最初に決めると準備しやすいので、やってみて!


準備を進めるうえで、テーマを決めると可愛いアイテムが多くても迷わず決めやすいそう。「思い出にもなり、気持ちが伝わる手作りはオススメですが、できる範囲を見極めるのが大事!私はつい欲張ってしまってギリギリまで追われてしまいました」と振り返る。また「友人にも遠慮せずに甘えて、手作りをお願いしてみては?」。

前へ 次へ
           
!-- Googleアナリティクスイベントトラッキング -->