氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

氷川の杜(スタッフブログ)

2019年2月13日 (水) [氷川の杜(スタッフブログ)]

『招待状』のお話し

前へ 次へ

皆さまこんばんは。ブログ管理者そよ風です。今日も氷川会館オフィシャルブログにお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
毎日寒い日が続きますね。気圧の変化が大きいと頭痛が出ることもあるので、天気予報では気圧チェックも欠かせません。



さて、今日は結婚式のペーパーアイテム『招待状』のお話しを。


ペーパーアイテムはウエルカムボードなど大きなものから折り鶴など小さなものまで様々。プレ花嫁さまがまず打ち合わせで最初に触れるペーパーアイテムは「招待状」です。デザインは和洋、縦書き横書き、仕様もバラエティに富んでいて選ぶのが楽しいですよ。

氷川会館のプレ花嫁さまは比較的「和風」のデザインをお選びの方が多いように思います。挙式が神前式ということも大きく影響しているのかもしれませんね。

写真は「青海波(せいかいは)」という模様の招待状です。



扇形を波に見立てて表した模様です。広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄で、無限に広がる波文様に未来永劫へと続く幸せへの願いと、人々の平安な暮らしへの願いが込められています。白無垢や色打掛にも使われることが多い縁起の良い文様です。



そして赤&金&鶴のおめでたいものも。晴れの日を感じられるデザインですね。



続いて春の結婚式のお客さまには桜デザインが人気です。写真は桜と時の鐘のイラストが描かれた招待状。氷川らしいデザインです。



特徴的なデザインは夜の結婚式「かぐや」プラン専用の招待状です。月とうさぎの可愛らしいデザインです。うさぎの目の部分がハトメになっていて、中にご挨拶文がおさまる仕様です。インパクトがあります!




招待状の選び方ですが、季節に合わせる。結婚式にテーマを持たせるなら、それを感じられるデザインを選ぶ。そうすることでゲストの皆さまにおふたりの気持ちが伝わりやすくなると思います。


招待状はゲストの皆さまにおふたりの結婚式をお知らせする大切なアイテムです。文面などは親御さまにも相談してくださいね。わからないことがありましたら、ブライダルサロンスタッフまで遠慮なくご相談ください!

前へ 次へ