氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

氷川の杜(スタッフブログ)

2018年11月23日 (金) [氷川の杜(スタッフブログ)]

『恋愛中 in HIKAWA ロケーション撮影』ご報告

前へ 次へ

北海道地震、台風24号で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます





ブログ管理者そよ風です。今日も氷川会館オフィシャルブログにお付き合いをいただき、ありがとうございます。朝晩、だいぶ寒くなってきましたね。秋が短くなっているように感じます。昨日は木枯らし1号が吹き、本格的に冬がやってきます。


さて、今日は先月末に『ロケーション撮影のご報告』を。


今回のロケーション撮影は、結婚式のお客様でも、モデルさんの撮影でもありません。9月に開催いたしました未婚カップル限定イベント『恋愛中in HIKAWA』のフォトコンテストで優秀フォト賞に輝いたおふたりへの副賞にご用意したロケーション撮影です。

まずは優秀フォト賞に輝いたお写真をご紹介!



お題は『ふたりが恋愛中だとわかる写真』。必ずおふたりの体の一部を入れた写真にしてください。というものでした。

神社、館内をダイナミックに使って行われた恋愛中in HIKAWA。なんと、おふたりは神社でとても人気のある「鯛みくじ」の場所で撮られたんですね。女性が男性を釣り上げている写真。。。ということは、彼女さんから告白したのかしら???なんて想像もしてしまう楽しい写真でした。


イベント後、早々に撮影の日程も決まり、当日はとても良い天気になりました(私はかなりの晴れ女です)。
氷川会館から市内のレンタル着物ショップ美々庵さんへ。お着物を選んでヘアセットまでしていただけますし、着物用の小物も貸してもらえます。すぐにお着物も決まって着付けへ。40分ほどでお支度が完成しました。

いよいよ撮影!撮影は写真室の室長Aさんが担当です。私もアシスタントとして番傘を持ってスタンバイ。人力車も到着しました。



川越で撮影といったら「時の鐘」は外せません。



時の鐘は江戸時代初頭から城下の町に時を告げ、庶民に親しまれてきた鐘つき堂です。度重なる火災で鐘楼や銅鐘が消失しましたが、度々建て替えられ現在立っているのは4台目に当たります。昔ながらの風景と着物はよく似合いますね。

人力車に乗るのは初めてというおふたり。彼が優しく彼女をエスコート!



人力車に乗って無料休憩所の「陽気遊山」の前に来ると可愛い猫たちが日向ぼっこをしてました。彼女さんは猫好きらしく、ご自身のスマホで猫を撮影。その様子をカメラマンAさんが撮影(笑)



着付けから1時間ほど経ったので「小江戸coffee mame蔵」さんで小休止。ちょっと動くと暑いの陽気だったので、おふたりとも冷たいコーヒーをチョイス。着物は帯をしているので、より暑かったのかもしれないですね。





そして「菓子屋横丁」へ。



菓子屋横丁は明治の始め頃、養寿院の門前町として栄えるこの場で江戸っ子好みの気取らない菓子を製造したことが始まりと言われています。昭和初期には70軒以上の店があったといわれています。現在店舗数は少なくなったものの横丁の情緒や呼び込みの声、素朴で懐かしい街角は多くの観光客で賑わっています。

ここではおふたりの好きにお店巡りをしていただきました。彼が彼女にポーズの指導をしたり、ここで撮ろうと提案してくれたり。約1時間の撮影は終始楽しく、おふたりにもご満足いただけたと思います。
楽しい1日、ありがとうございました。また遊びにいらしてくださいね!

前へ 次へ