氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

氷川の杜(スタッフブログ)

2018年3月9日 (金) [氷川の杜(スタッフブログ)]

和婚に関する疑問や不安解消!〜文金高島田のお話し〜

前へ 次へ

みなさまこんにちは。今日も氷川会館オフィシャルブログにお付き合いをいただき、ありがとうございます。
昨晩は雨と風の音でなかなか眠ることができず、今日は少々寝不足です。
「春の嵐」はあと何回くらいあるのでしょうか?


さて、今日は和婚に関する疑問や不安を解消していただけるお話しを。


「文金高島田」のお話し


挙式では白無垢を着たい。でもかつらは嫌かな。。。
というお客様の声は、ここ数年で多く聞かれるようになったと思います。

「“かつら“でなければいけない」ということはありません。ですが、せっかく和装をお召しになるのであれば、古くから和装花嫁の髪型として続く文金高島田を着けていただくのもよいのではないでしょうか。

今の文金高島田(かつら)は、とても軽量で、約450gほど。そして、髪の色も少し前とは違い、自然色と栗色の明るいカラーをご用意しています。



奥が自然色。手前が栗色です。自然光の下で見るともう少し違いがわかると思います。
現代の女性はカラーリングをなさっている方がほとんど。黒の髪色はそれだけで違和感を感じられるかもしれません。ですが、この文金高島田なら色も自然です。もちろんスタイルはいつもと違いますが、髪色が自分の色に近いとそこまで違和感を感じないのではないでしょうか。

とはいえ、自分に似合うか似合わないのかわからないですよね。実は美容室では、かつらの試着体験を行っているんです。まずは試してみてください。無料で試せるのに、試さないのはもったいないです!車を買うとき、試乗しますよね。そんな感覚で試してみてください。

もちろん、嫌だ===という花嫁さまは、洋髪の打合せもOKです。
「物は試し」ということわざもあることです。やってみなければ良し悪しはわかりませんから!

前へ 次へ
           
!-- Googleアナリティクスイベントトラッキング -->