氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

氷川の杜(スタッフブログ)

2018年10月9日 (火) [氷川の杜(スタッフブログ)]

『初宮参り』のお話し

前へ 次へ

北海道地震、台風24号で被災されました皆さまに心よりお見舞い申し上げます




ブログ管理者そよ風です。今日も氷川会館オフィシャルブログにお付き合いをいただき、ありがとうございます。晴れてカラッと清々しい天気ですね。こういう日にはベランダでビールを飲みながらお気に入りの本を読み、酔っ払って昼寝。という理想的な休日を過ごしたいと思ってしまいます(笑)



さて、今日は「初宮参り」のお話しを。


元コーディネーターのTさんがご来館。初宮参りのご祈願とのことです。おめでとうございます。Tさんは在職中に神社で結婚式を挙げられました。

挙式では、指輪交換に替わり赤い水引で編んだ「結い紐」をお互いの左手小指に結び合う、川越氷川神社独自の「結い紐の儀」を行なわれたTさん。本日、その結い紐をご持参されました。


結婚式ではないのになぜ?


川越氷川神社で「結い紐の儀」を行い結ばれたおふたりの間にお子様が授かった際、初宮参りの時にもう一度、お互いの小指に「結い紐」を結び合ってお越しいただくと「赤ちゃん結い紐」を差し上げているからです。
赤ちゃんが、これからたくさんの人と出会い、良いご縁に恵まれ、健やかに、そしてたくさんの幸せに包まれて育つよう願いを込めて、小さな小指に結んであげてください。

川越氷川神社は縁結びの神さまをお祀りしています。
男女の縁だけでなく、家族の縁や、仕事、友人との良いご縁も結んでくれます。
赤ちゃん結い紐が結ばれた小さな小指。赤ちゃんを囲む幸せに包まれたご家族。氷川にいると結婚式だけなく、人生の節目に立ち会うことができます。とても喜ばしく、誇らしい気持ちです。

赤ちゃんの未来が素晴らしいものとなりますよう心よりお祈り申し上げます。

前へ 次へ