氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

ウェディングレポート

2015年9月19日 (土) [ウェディングレポート]

古式ゆかしい神前式と、120名のゲストと過ごした幸せ溢れる祝宴

前へ 次へ


M.Fさん(29) K.Fさん(33)

【結婚式日時】 2014年4月26日 16:00

【挙式会場名】川越氷川神社、【披露宴会場名】 鳳凰

【挙式スタイル】 神前式、【列席者】家族・親族 40 名

【披露宴スタイル】着席、【披露宴人数】家族・親族 40 名/友人・知人 80 名

 

 

会場を決めた理由は?

厳かな和の結婚式を叶えたいという希望にぴったりの空間。
美味しい料理でおもてなしできることも決め手


日本伝統の神前式で永遠を誓いたいと考えていたふたり。そこで、由緒ある「氷川神社」での挙式が叶い、隣接する建物でパーティができるこの会場に見学へ。「ゲストに喜んでもらうために料理も重視していました。友人から美味しいと聞いており、実際に試食して大満足!ここなら安心してお任せできると思いました」。


挙式の内容・感想は?

歴史ある「氷川神社」で執り行われた神前式。
厳粛な雰囲気で、身も心も引き締まる、一生忘れられない誓いに


雅楽を紡ぐ楽人に導かれ、続いて新郎新婦、ゲストと参進し、拝殿へ。40名の親族に見守られながら、三三九度など古式ゆかしい婚姻の儀でふたりは夫婦になる契りを交わした。「神社の奥には式でないと入れない本殿があり、最後に新郎新婦のみでお参りしました。厳かな雰囲気で心が引き締まり、とてもよい経験になりました」。


披露宴・パーティの内容・感想は?

装花での空間コーディネートや美味しい料理でおもてなし。
オリジナル料理はゲストの笑顔をさらに引き出した


「ゲストに少しでもゆったり楽しんでもらいたい」との想いから、装花と料理はスタッフと何度も打合せ。グリーンを基調としたナチュラルな会場コーディネートはイメージ以上の仕上がりに。また、料理は全てふたりだけのオリジナル。「『鯛の桜蒸し』など、春をテーマに旬のものを使った料理はゲストにも喜ばれました」。



演出の内容・感想は?

家族との絆を深めた演出の数々で温かなムード。
フランベやサプライズなど、ゲストと過ごす幸せなひと時


祖父との鯛の塩釜開きや母との中座など心温まるシーンも。お色直し後は新婦が父と弟と3人で入場し、教会式のような登場で和やかなムードに。また、春の桜と新郎の職業にちなんだバスをモチーフにしたオリジナルケーキをファーストバイト!お肉のフランベや、新郎から新婦へサプライズなど多彩な演出で楽しい時間となった。


スタッフの対応・感想は?

様々なアドバイスでふたりをサポートしてくれたプランナーや、
各専門分野のスタッフの対応に感謝!


いつも親身になってくれた、頼りがいのあるプランナー。「キャンドルサービスは私達らしくないかも…と相談したとき、かわりに各卓に焼菓子を配ることを提案して頂きました。皆さんにしっかりご挨拶できてよかったです」と感謝の気持ちでいっぱい。他にも、装花や衣裳、ヘアメイクのスタッフも希望に快く応えてくれたそう。


これから花嫁になる人へアドバイス

気になる結婚式のスタイルがあれば、まずは見学に行ってみよう!
自分磨きも行って当日は笑顔で楽しんで


本格的な和の結婚式を叶えたふたり。「ゲストの反応もよかったので、和婚が気になる方はぜひ見学に行ってみてください。私達の場合料理にこだわった点もゲストに喜ばれたポイントだと思います」。また、準備期間中は自分磨きの時間も大切とのこと。「さらに輝く笑顔で本番を迎えられるように、リフレッシュも大事ですよ」。

前へ 次へ
           
!-- Googleアナリティクスイベントトラッキング -->