氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

氷川の杜(スタッフブログ)

2018年3月13日 (火) [氷川の杜(スタッフブログ)]

『和装の色合わせ』のお話し

前へ 次へ

みなさまこんにちは。
今日も氷川会館オフィシャルブログにお付き合いをいただき、ありがとうございます。
今日はだいぶ暖かい日で、春らしさを感じることができました。お休みだったら、自転車で町中を散策という過ごし方ができたかなぁと思っています。こういう陽気の時には、歩くより自転車で爽やかな風を感じるのが気持ちいいですよ。


さて、今日は「和装の色合わせ」のお話しを。

和装は、色や柄を楽しんでいただきたい!と思います。
白無垢は、挙式でお召しいただく装いですので、おめでたい柄や季節の花の柄などを、多く取り揃えています。最近では、裾や袖などに「赤」を挿し色として用いる「赤裏」と呼んでいる白無垢も人気です。「赤」は慶びを表す紅白の「赤」と、未婚を表す色の赤を意味しています。愛らしさと華やかさが感じられますね。



色打掛は、柄に加えて色も楽しめます。写真の2つは柄が同じの色違いの打掛です。地の色が違うとだいぶ印象が変わりますね。



そして、色打掛でさらに楽しいのが、色合わせです。ここではいくつか写真を交えてご紹介いたしましょう。*オレンジ+淡いグリーン


*淡いブルー+ピンク


*紺+赤


大胆な色合わせも和装なら不思議と合うものです。
また、日本の伝統色の美しい色の名前を参考にして選ぶのも良いでしょう。四季折々の自然と深く関わってきた日本人の繊細な美的感覚によって生み出された色の数々。こちらは、また改めてご紹介いたします。

前へ 次へ
           
!-- Googleアナリティクスイベントトラッキング -->