氷川会館・川越 氷川神社の結婚式・結婚式場

アクセス フェア予約

ブログ

氷川の杜(スタッフブログ)

2017年7月9日 (日) [氷川の杜(スタッフブログ)]

『縁起物』のお話し

前へ 次へ

皆さまこんにちは。
今日も氷川会館オフィシャルブログにお付き合いをいただきまして、ありがとうございます。
毎日蒸し暑い日が続いています。今年の夏は気温が高いそうですので、どうぞ熱中症にはお気をつけください。


さて、今日は「縁起物」のお話しを。


結婚式という人生の特別な日。おふたりのために集まってくださった皆様とも喜びを分かち合いたいものです。
お祝い事の際に贈られる「縁起物」。そこに込められた意味を知ると、贈る側も、贈られた側も、もっと幸せな気持ちになるはず。
今日は、品物だけでなくその意味もご紹介いたします。

◎鰹節
鰹節には鰹の背側の身で作られる「雄節(おぶし)」と、腹側の身で作られる「雌節(めぶし)」があり、この雄節と雌節が一対に合わさる形になっていることから「夫婦円満」の意味を持つ縁起物として人気の贈り物です。

◎昆布
昆布は「よろこぶ」=「慶ぶ」と語呂合わせされ、縁起のよい贈り物として人気です。また「子生婦」とも表され、子宝に恵まれる、子孫繁栄なども意味します。

◎赤飯
お祝いの席でふるまわれる定番の縁起物ですね。古くから赤色には災いを避ける力があると信じられており、邪気を祓う魔除けの意味もあるといわれています。

1056169

◎箸
箸は食べ物を口に運ぶための道具であることから、「食べる物に困らない」「たくさんの物を食べられる」という意味があります。

◎銀のスプーン
昔、ヨーロッパでは銀のスプーンには「幸せをすくい取る」という意味があるとして、贈り物に使われていました。また、「食べ物に困らない」という意味もありますので、これから生活を共にする夫婦からの贈り物としては最適ですね。

◎ドラジェ
ドラジェとは、アーモンドをチョコレートや砂糖でコーティングしたお菓子です。幸運のドラジェの数は5つ。1粒目は「健康のため」、2粒目は「富のため」、3粒目は「永い生涯のため」、4粒目は「繁栄のため」、そして5粒目は「幸運のため」という意味があるそうです。送賓時のプチギフトにドラジェをご用意なさるお客様も多いと思いますが、5粒のドラジェを選んでみていはいかがでしょう。

◎うどん
「長くて太い」ということから、昔から長寿の縁起物とされてきました。最近では、夫婦の絆を長く太いものにという意味から引出物にも用いられることが多くなってきました。

◎梅干し
「しわができるまで健康で過ごせますように」という、健康祈願の贈り物として用いられる縁起物です。高級ブランドである紀州南高梅を一粒ずつ個包装して化粧箱に入れたものなどは、人気があるそうですよ。

◎バームクーヘン
切り口が年輪のように見えることから、年齢を重ねる=長寿という意味と、太い幹のような絆で結ばれるようにという意味もある、引菓子として人気の縁起物です。

◎金平糖
金平糖は何年経っても色あせないことから、いつまでも愛情に満たされた甘い生活が続きますように、という願いを託す意味を持つ縁起物です。


いかがですか?意味をご存知のものもあれば、そうでないものもあったでしょうか。
贈り贈られて嬉しい縁起物。贈る人のことを思いながら、選ぶ時間も楽しんでください。

前へ 次へ
           
!-- Googleアナリティクスイベントトラッキング -->